スポーツ界で最も人気のあるファイターたち。

MMA

街中やリング上で遭遇したくない方々。格闘家、ボクサー、MMAファイター、レスラー、その他のアスリートであってもスポーツの世界では、他の選手より格別に突出した選手はほとんどいない。そこで、様々な経歴を持つプロの格闘家の中から、実績、レベル、そして伝説として呼ばれている方々のランキングを作成してみました。

ロイ・ジョーンズJr.

ジョーンズは、ライトミドル級からヘビー級のベルトに移行した最初のボクサーであり、1990年代のアメリカボクシング記者協会の「ファイター・オブ・ザ・ディケイド」に選抜されています。 ジョーンズは、一度に7つのベルトを獲得するという記録と独特のルックスを理由に有名になりました。年を食い覇気が薄れても、ジョーンズのスポーツ界に残した遺産は馬鹿にできるものではありません。

 

マニー・パッキャオ

現在、世界で最も人気のあるネットベットゲームに似たスポーツであるボクシングで最も有名な選手。2000年代のファイター・オブ・ザ・ディケイドに選ばれたパッキャオは、8つの階級で10の世界タイトルを獲得し、ボクシング初の8冠王となりました。1995年にキャリアをスタートさせたこのフィリピン人ファイターは、後にも先にも誰も成し得なかった功績を経て、唯一無人の派手なフットワークを完成させ、ついには世界で最も高収入なアスリートとして歴史に名を刻みました。

 

フェドール・エメリヤーエンコ

ラストエンペラーというニックネームはどのようにして生まれたのか?10年近く負けなしを続けた彼は、長寿、情熱、ストイック、そして予測不可能な人物でだった。このロシアのヘビー級は倒すことはもちろん、差し押さえつけることさえ難しかった。UFCではなく、PRIDE-FC、M1 Global、Afflictionなどでも戦ったため、自分にょり弱い相手とだけ戦ってきたと言う人もいるが、エメリヤーエンコの全盛期は誰が見ても間違いなく王者だった。

ジョルジュ・サンピエール

このウェルター級選手は素晴らしいMMA大使であり、米国オクタゴンで活躍するに等しい知性、パワー、そして規律性を持っている。空手、ボクシング、柔術、レスリング、そしてムエタイと、格闘技での多種多様な強いバックグラウンドを有しており、非常に優れた選手である。ラッシュとして知られる男は、今もなおこの業界の頂点にいるのだ。

マイク・タイソン

アイアン・マイクは、初期時代に19試合連勝を果たした文句なしのヘビー級チャンピオンの座に君臨してた伝説だ。1980年代から1990年代にかけて圧倒的な強さを誇り、最盛期にはこのリストのどの人物も倒すことができたと言われるほど、地球上で最も厄介な男。WBC、WBA、IBFのヘビー級選手権を保持した史上最年少のボクサー。

画像元:マイクタイソン

アンダーソン・シウバ

UFC会長のダナ・ホワイトお墨付きの史上最高のブラジル人総合格闘家。アンダーソンは現在、UFCの最長防衛記録を保持している。ムエタイの実力で最もよく知られているが、柔道とブラジリアン柔術の黒帯も持っており、その他にも多くのタイトルを保持している。ノックアウト、サブミッション、威嚇など、さまざまな手段で勝利を収め、時には彼の戦法を理由に大炎上することもある。パウンド・フォー・パウンド史上最高のファイターである。

ブルース・リー

ブルース・リーは、格闘を芸術の域までに高め、武術を新たな高みへと押し上げた有名な武道家である。彼は、ポップカルチャーのアイコンとしての地位を裏打ちするカリスマを有していた。彼は強く、柔軟で、電光石火のような速さと共に前代未聞のスタミナを持っていた。リーはジークンドー(截拳道)を創始者でもある。彼は真の意味での「格闘家」であり、何よりもまず屈伸のストリートファイターであった。

ジョー・ルイス

彼の粘り強さ、素早さ、そして強力なパンチの実績により、史上最高のヘビー級選手と称されるブラウン・ボンバーは、ボクシングを瀬戸際から立ち直らせた。  また、人種統合などスポーツにおけるアメリカで平等性を主張する国民的英雄でもあった。

 

モハメド・アリ

ファイターであると同時に人格者でもあったザ・グレイト・アリは、リング状では一貫して相手をゴミ扱いし、自分の信念を貫き通した。このヘビー級は、身長、フットワーク、素早い拳、ロープ・ア・ドープ技を駆使して戦いに勝利した。 アリは、全盛期を過ぎたと言われるときでさえ、人々を黙らせるほどの戦闘技術を有していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました